IMG_9417.jpg

​和紅茶ができるまで

​城陽和紅茶

①萎凋

 摘み取った 生葉を20~25時間かけて萎凋する。

 

②揉捻

萎凋した葉を揉捻機 で圧力をかけて揉み込み酸化発酵を促進する

 揉捻発酵時間 70分~90分

 

③発酵

湿度90%の発酵機にて2~3時間放置する。

その日の気温や葉の厚みにより発酵時間は調整する。

 

④発酵止め、乾燥

 60度の温度で1~1時間半乾燥する。

そのあと、90度以上の温度で、1時間ほど乾燥して放熱させる

 

⑤仕上げ

電気的感応(磁器)にて、余計な茎や茶くずの粉などを取り除く。